• HOME »
  • 社員たちの声

社員たちの声

【名前(入社何年目)】

沖崎 靖 (入社13年目)

【普段の業務内容】

STC・旅客案内責任者

【入社のきっかけがあれば教えてください】

能登空港開港に伴い、転職。地元能登に生活の拠点を移すことを決意

【どのような場面でやりがいを感じますか】

夏休み、お正月など能登に帰省のお客様を乗せた飛行機が到着したのち、お出迎えのおじいちゃんやおばあちゃんがお孫さんにとびっきりの笑顔で話しかけている姿を見たとき、みんなで協力して無事に飛行機を到着させたことを誇りに思います。

【今後、チャレンジしてみたいこと?】

お客様と一緒に季節の花の種を植えて、空港全体を『花』でいっぱいにしたい。

【こんな会社です!】

自分が提案したアイデアをみんなが協力して、実現してくれる会社です。

【印象深いエピソード】

雪が降り続く中、能登空港の上空で待機している航空機に対して、滑走路の除雪状況や今後の降雪予想など地上から上空のパイロットに対して積極的に交信して情報を伝達したのち、安全に飛行機が到着。その後、機長より『情報ありがとう!助かりました。』という言葉をいただいたとき『自分も飛行機を飛ばしている』と実感することができました。

【どんな人が航空業界に向いていますか】

自分で総合的に判断ができ、行動力があることが重要です。また、『あいさつ』ができて、人と『話をするのが好き』で、何事にも『チャレンジできる』方なら、きっといつまでも楽しく仕事が出来ると思います。

【名前(入社何年目)】

梶原 千春 (入社5年目)

【普段の業務内容】

グランドハンドリング全般

【入社のきっかけがあれば教えてください】

『体を動かして働く』という仕事に魅力を感じました。

【どのような場面でやりがいを感じますか】

繁忙時でも、全員で思いを一つにして飛行機を安全かつ定刻に出発させることが出来たとき、チームワークの素晴らしさを感じます。

【今後、チャレンジしてみたいこと?】

今の業務をしっかりこなせることを最優先に、日々努力をしていきたい。

【こんな会社です!】

航空業務だけではなく、空港設備の仕事ができるので、広い視野を持つことができます。

【印象深いエピソード】

お預かりした手荷物を、手渡しで返却した際、『ありがとう』という言葉とお客様のお子様からクッキーをいただき、心が温まる思いでした。

【どんな人が航空業界に向いていますか】

純粋に飛行機が好きな方は、仕事を早く覚えます、『好きはものの上手なれ』は、本当です。

【名前(入社何年目)】

山口 久尚 (入社8年目)

【普段の業務内容】

主に航空貨物取扱業務、グランドハンドリング全般

【入社のきっかけがあれば教えてください】

地元に出来た空港で働いてみたいと思っていた。

【どのような場面でやりがいを感じますか】

お預かりした貨物を羽田空港はもちろん、飛行機を乗り継いで全国各地の空港まで無事に届けることができたとき、全国的な仕事をしているなあとやりがいを感じます。

【今後、チャレンジしてみたいこと?】

いろんな貨物をどんどん能登空港から全国各地に送り届けたい。

【こんな会社です!】

自主性を重んじる会社です。自分がやりたいことに取り組める会社です。

【印象深いエピソード】

九州の方に魚を送りたいと言うので、てっきり日本海で採れた海の幸を送りたいと思っていたら、お客様が持ってきた魚をみてびっくり!実際には『生きている魚を生かしたまま送りたい』という事だった。初めての取り扱いだったので焦りました。

【どんな人が航空業界に向いていますか】

決められた事をしっかり遵守しつつ、同じことの繰り返しの中でも違いを見つけ、日々改善、改良を心がけ、それを楽しめる人。

【(入社何年目)】

(入社6年目)

【普段の業務内容】

旅客案内業務

【入社のきっかけがあれば教えてください】

飛行機が好きで航空業界への就職をめざしていました。

【どのような場面でやりがいを感じますか】

『1便1便、手を振って飛行機を見送る瞬間』
無事に出発させることができて良かったと思う瞬間でもあり、無事に飛んで行ってねと願う瞬間でもあります。たくさんのお客様の旅のお手伝いができ、安全を守っているのだと実感し、やりがいを感じます。

【今後、チャレンジしてみたいこと?】

まだまだ成長できると信じて、自分からどんどん動いて、色々なことに積極的に取り組んでいきたい。

【こんな会社です!】

まさに『あんしん・あったか・明るく元気!』な会社です。みんなのサポートで安心して訓練ができます。優しいスタッフばかりで、とてもあったかな雰囲気です。明るく元気な職場なので、所内はとっても賑やかです。

【印象深いエピソード】

能登空港の天候が悪く、到着予定の便が小松空港へ臨時着陸したのち、多数のお客様がバスで能登空港に到着されることがありました。その中に海外のお客様がいらっしゃり大幅に予定を変更することになったため、宿泊先やタクシーの手配等のお手伝いをさせていただきました。すべての手配を終えた後、お客様より「頑張ってくれてありがとう」という言葉をいただき、少しでもお客様の負担を少なくすることができたかもしれないと、「ホっと」したことを覚えています。

【どんな人が航空業界に向いていますか】

まず、飛行機が好き!という人は航空業界に向いています。旅客係員(グランドスタッフ)を目指すのであれば、人間観察ができる人とよく気が利く人。人見知りでも口下手でも大丈夫!素敵な笑顔があれば問題ありません。